昨日の続き

昨日は私の自己紹介をさせていただきましたが、今回はホームページにのっていない古寺製作所のすべて

(?)をお伝えします。

まず当社がある新潟県三条市の紹介から。

三条市は新潟県の中央に位置し、県央地域とも呼ばれています。新幹線だと上越新幹線の燕三条駅、車だと

北陸自動車道の三条燕インターとなります。よく間違える方がいるのですが三条市と燕市は別々の街です。

新幹線の駅名もインターの名前も三条と燕どっちが前かかなり揉めたそうです。ちなみに隣同士ですが行政

区分も別で三条は中越地域、燕は下越地域と呼ばれております。両市とも金属加工が有名で燕は洋食器

三条は作業工具が産業の中心となっています。『三条市 ウィキペディア』をグーグルで検索すると三条市

のすぐ下に燕市が出てきます。当社は金属工業団地というそのまんまな名前の団地に位置しており、

ドライバーで有名なANEXこと兼古製作所さんやレンチのトップ工業さんがご近所です。近くまで

いらした方は是非当社まで遊びに来てください!とりあえず今日はここまで。

自己紹介

遅くなりましたが自己紹介。

名前: 古寺 健太郎

古寺 健太郎
○● ○●●
5 6 11 410
総運36○ 面倒見良く、損をしてでも人に尽くす。個性を生かす職業が○。結婚運○。
人運17○ 個性を活かす努力家。協調性に注意。何事も中途半端にできない性格。
外運19△ 身分をわきまえて行動しないと不運に。犯罪傾向。
伏運42× 悪い運数です。
地運25□ 才能、個性、偏屈運。
天運11○ 上昇発展運。親族の助力が幸運を。

陰陽 ○ 良い配列です。

昭和54年7月30日東京都三鷹市で生まれました。その後5歳で志村けんで有名な東村山市に引越し。

そして中学・高校はハンカチ王子でおなじみの早稲田実業にいってました。

ちなみに部活はアイスホッケー部でした。一応インターハイにも出場。高校卒業後アメリカに留学し、

2003年にインディアナ大学を卒業しました。半導体装置でない方の株式会社ディスコに入社し、

そこで奥さんと出会いました。結婚を機に約4年前に新潟県三条市に引越し、古寺製作所で修行してます。

普段は製造部の一員として現場作業に携わっております。周りから驚かれますが実は婿養子です。

今は奥さんと可愛い娘(1歳)と3人で暮らしています。といったところでしょうか。いざ文章にしてみると

なかなか難しいですね。顔写真を載せようかと思いましたが、娘に引っ掻かれた傷で人相が悪いので

今回は勘弁を。

タイヤ交換の季節になりました!

今年も2ヶ月を残すのみとなりました。私たちの住む新潟ではそろそろタイヤ交換の季節です。

そんな中で当社おススメの製品がこちら。

シザースエックス スパーダ マサダ油圧ジャッキ

自動車用油圧ジャッキで有名なマサダ製作所さんと当社のスパーダが一緒になっているシザースXです。

以前は別の会社さんと一緒にやって大人気だった油圧ジャッキとスパーダのコラボレーションでしたが

ついにマサダ製作所さんとタッグを組み復活しました。

Made In Japanの実力をぜひご堪能ください。

シザースエックス スパーダ マサダ油圧ジャッキ2中身はこんな感じです。

実はこちらの商品ですが当社のウェブショップ道具専科のみで販売しております!

まだ道具専科を見た事ない方はこの機会にちらっとよって行ってください。

グローバル化

ギリシャの財政危機が引き金となり世界中で株安など多大な影響が出ています。

経済のグローバル化が進み、今では様々な方法で世界中が結びついているからだと思います。

そして古寺製作所でもグローバル化を見る事が出来ます。

ハブナットレンチ タイヤ交換 中東向け1

上の箱詰めされているハブナットレンチは新潟県三条市で作られたものが遠く中東の地で使われるようです。

砂漠でも頑張ってくれ!

ラクダ 中東ピラミッドはエジプトだからアフリカか・・・。


下の写真は当社の青島工場で作られたものが船で新潟県三条市まで送られてきた後、お客様の元へ!

ボックスレンチ 中国製

何気なく使っているものがこんなところから来てたのか!と思う事が多々あります。

古寺製作所の製品も世界中のお客様の元で活躍してくれている事でしょう!!!

今日もお仕事

おはようございます。

文化の日の今日も古寺製作所はせっせとお仕事です。なぜかと言うと当社は炉に火を入れるため週の中にあるお休みは他の日に持っていき、炉の温度冷まさない様にしているからなんです。

鍛造用加熱炉

私も入社したての頃は意味が分からなかったですが、この一年ほど炉に火をつける係をしているのでやっと意味が分かりました。当社は夜通しはしていませんが、それでも朝来ると炉の周りはかすかに暖かいんです。

鍛造用加熱炉2

小さな事ですがこんな事でもコストダウンをはかっています。ちなみに私はとても朝が弱かったのですが、一年も継続すると少しだけ朝起きれるようになった気がします。気のせいか?

温泉?

昨今の天変地異のせいか当社でも温泉が湧き出しました。

ステンレス 鍛造

くだらない冗談はさておき、ステンレスを鍛造した後の固溶化熱処理をしている最中です。

ちなみに固溶化熱処理が分からない方はこちらをご覧ください。私も分からなかったので調べました・・・。

しかしこれでは水の交換が大変なのでもっと大きな水槽(?)に変えることに。

ステンレス 鍛造 固溶化熱処理

鍛造だけでなく社内には色々な仕事があり、この水槽も手作りです。

ゆくゆくは鍛造機も社内でつくれるようになれればと個人的に画策中です。

ちなみに当社の今年の忘年会は温泉に行く予定です。意味はないですけど・・・。