阿藤快さんになりそうです

実は最近スパムコメントがとても多く寄せられています。日本語で書いているのに英語であなたのコメントは

いかしてるとか、良い事言うねえとか多い日で一日30件くらい来ていました。困った時のYさんという事でこの

HPを作成していただいた会社の方に相談したところ、最近ではスパムコメントすら自動で送って来ているそう

です。そのためコメントの受付を止める措置をとらせていただきました。よくある出ている文字を入力してください

というちょっと見えづらい字を入力するのはこういった自動で入力するのを防ぐためだそうです。自動で人に迷惑

をかける装置なんてなんだか切ないですね。意図して作ったのかそうでないのか分かりませんが昨日の件同様

何だかなあと思わせられる事ばかりです。

びっくりした事

まだ書くべきか迷っていますが、思い切って書いてしまいます。

先日楽天様よりメールを返信しないと契約とされるメールが来ていたそうです。当社の社員がそれとは知らず

削除してしまっておったそうです。するとキャンセル期間を過ぎているので年間3万6千円でフェースブック

に掲載する手数料を支払ってくれという電話があったそうです。ちなみにその電話をしてきたのは楽天様の

代理店だったそうです。どうしてもキャンセルした旨を告げると別の所に電話してキャンセルしてもらえとの事

でした。結局当社は毎月店舗料を払っている楽天様のために、払う必要の無い掲載手数料をキャンセルする

ために、当社の電話で当社の電話代で当社の人間が電話する事となりました。色々と考えさせられました。

いやはや

風邪をひいてしまいブログの更新が滞ってしまいました。 :cry:

ところでずっと当社のウェブショップ道具専科で品切れだったスパーダが帰ってきました!と記事にしようかと

思ったらもう売り切れてしまってました :oops: 。もしお近くのお店で見かけた時はお早めにご購入ください。

ちなみにお店によって色々な包装されていますが、基本的には当社で同じ様に心をこめて作ったものです。

まだ偽者も出回ってないので安心してご購入ください!

年末年始に向けて

今年もあと約1ヶ月ですね。当社でも年末及び来年に向けた準備がはじまってます。またお客様からも年末に

かけては多くのご注文をいただいており何とか今年も越せそうです。

やはりこの時期は冬用タイヤに交換するためクロスレンチが良く出ます。毎年毎年結構な数が出ています。

先日もお取引先の方よりどのクロスレンチが良いかお勧めを教えてくれと頼まれました。意外と言ったら失礼

かも知れませんが女性の方でした。女性にとっても使いやすい工具づくりというのは一部の会社で始まっている

そうです。今までの思い込みを外して一回全く違うコンセプトで製品開発を行うとまた斬新な製品が生まれて

来るのではないでしょうか。そんな事を考えながら今日も1日頑張りましょう!

祝1ヶ月!

なんだかんだで始めたブログですが、何とか1ヶ月続ける事が出来ました。これもひとえに自分自身の鍛錬の

賜物ではなく、見に来てくれているであろう読者の皆様のおかげだと思います。実はこのホームページを作成

いただいた業者の方にお願いしてグーグルアナリィティクスなるものを使用しています。ですので日々のアクセス

件数からどんなキーワードで当社のホームページに辿り着いているかまで分かる様になっています。現状は

断トツでTOPページがアクセスが多いのですが、いつの日かこのブログが人気ナンバー1コンテンツになって

くれる事を願っています。

ちなみにちょっとうれしいのが様々なサイトで当社のスパーダ購入者の方がブログで書いてくださっていて

そこからアクセスが何件かありました。

すばらしい製品が出来上がっても使ってもらわないとその価値が伝わらないので、バンバン当社の製品を使って

どしどし感想を寄せてください!無論こちらにコメントいただいてもOKです!!ちなみに私は楽太郎派です。

そしてそのまた続き

バブル終焉以降自動車の販売台数が鈍っていきました。またアメリカからDIYと呼ばれる日曜大工ブーム及び

ホームセンター業界が興隆しました。こういった時代背景の中、自動車搭載工具ともうひとつの柱としてKDR

ブランド製品の開発と確立を行ってまいりました。現在でもホームセンターで見られるボックスレンチや貿易会社

を経由してアジアからアフリカに至るまでKDRブランド製品が販売されております。

並行してボックスレンチ以外のOEM品の開発も進められ、様々なサイズのシャフトやボルトなどアプセッター

技術を使い新しい市場に飛び込んでいきました。

そのまた続き

自動車の普及によりボックスレンチが搭載工具として大量に出荷されていく中で、また新しいチャレンジを

始めます。基本的にボックスレンチ製造用としてしか考えていなかったアプセット鍛造の技術を応用する事で

建機のパーツなど大型鍛造品の製造が可能となりました。

大型鍛造用つかみはし

大型鍛造用掴み箸

上の写真は西洋の拷問器具の様に見えますが、実は材料径の大きい時に使われる掴み箸です。

当社の場合おおよそですが、

サイズ  材料径

大型   直径35mm~80mm

中型   直径15mm~34mm

小型   直径8mm~14mm

という区分になっています。35mmって大した事無い様に聞こえますが、鉄の塊になるとかなり重たいです。

また機械設備の都合上、直径が80mm以上もしくは8mm未満になると要相談となります。

和釘 鍛造

和釘 鍛造

ちなみに小さいものだと先日伊勢神宮に奉納した和釘まで製造しています!

閑話休題

という事で社長の話の続きを。

とある日、外注さんから面白い機械があるから見てみないかと言われた社長はついに運命の出会いを果たし

ます。材料の丸棒を熱し、その後機械で鍛造するとなんとボックスレンチが!今では当たり前の事ですが、

当時では画期的な技術でした。当時の財産のほとんどをつぎ込みアプセット鍛造機を1台購入したそうです。

アプセット鍛造機 1号

以前にも書きましたが社長はもともと旋盤屋だったので、まるで火の起こし方も分からず毎日不良の山を作って

いたそうです。その後何とか技術力を上げ自動車の搭載工具として採用されます。経済成長と共に商業用並び

に自家用自動車が日本中に普及し、古寺製作所は搭載用ボックスレンチメーカーとして発展していきます。

ボックスレンチ 搭載工具

少し余談

だんだん寒くなってきましたね。三条は最高気温が15度前後、最低気温が10度を切る様になりました。

そのため炉や型を暖めたりするのに時間がかかってます。

鍛造 型 暖め

寒いから布団から出るのも辛いし、その上早くに起きないといけないし、火付け担当の私にとっては1年で1番

切ない季節です。これが来年の4月頃まで続く事を今から考えるととてもとてもやり切れません。先日カラオケで

GLAYの春を愛する人を歌いましたが、春を愛する以上に待ち焦がれています。春のあとの夏も鍛造屋さんには

辛いんですけどね。

そのまた続き

それでは昨日の続きを。なぜ私たちの会社が三条にあるかというと、創業者であり現社長の古寺一男は生まれ

も育ちも燕でしたが幼少期に父の仕事の関係で三条に引越したそうです。第2時世界大戦前の若かりし頃、

埼玉県川口市の鋳物工場で旋盤工として働いていました。戦後故郷に戻り若い頃身に着けた旋盤の腕を元に

三条市の自宅に一台の中古旋盤を購入し仕事を始めたそうです。三条市は金物問屋が多くあり、問屋向けに

生け花用の霧吹きや自動車部品の製造をしていたそうです。

旋盤 霧吹き 古寺一男

そうこうしているうちについに運命の出会いをする事に。続きはまた次回!