そのまた続き

それでは昨日の続きを。なぜ私たちの会社が三条にあるかというと、創業者であり現社長の古寺一男は生まれ

も育ちも燕でしたが幼少期に父の仕事の関係で三条に引越したそうです。第2時世界大戦前の若かりし頃、

埼玉県川口市の鋳物工場で旋盤工として働いていました。戦後故郷に戻り若い頃身に着けた旋盤の腕を元に

三条市の自宅に一台の中古旋盤を購入し仕事を始めたそうです。三条市は金物問屋が多くあり、問屋向けに

生け花用の霧吹きや自動車部品の製造をしていたそうです。

旋盤 霧吹き 古寺一男

そうこうしているうちについに運命の出会いをする事に。続きはまた次回!

カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。